男の僕がイケメン大好きな3つの理由

こんにちは。OKAKIです。

僕はイケメンが大好きです(笑)

自分は同性愛者でもなければ、トランスジェンダーとかでもありません。
僕の恋愛対象は女性であり、

同級生や同僚に恋することもあれば、
後輩に振られたこともあるし、
先輩とお付き合いしたことあります。

まぁ、基本的にモテませんけどね。

友達や職場の上司と、最近のテレビに出てる○○ってかわいいよなとか、  アニメの○○は俺の嫁みたいな話もするし、

良くも悪くも典型的なオタクでもあります。

とはいえ基本的にどこにでもいるような男子です。

二次元三次元問わず、かわいい女の子や美人は見てて癒されるし、

元気をもらえます。

そんな僕は同性の友達や僕を知らない異性から疑問に思われたり、変な誤解を生んだりよく引かれたりします。

自分の趣味や嗜好に対してオタクのように熱く語るわけでもなく、昨日見たテレビの話題や休日中に遊びに行った先のことなど、

老若男女誰でも話せるような話題を選んでいるのに

自分が同性よりイケメンに興味があるとわかった瞬間に、
みんな僕に対して少し距離を置きます。

「昨日のTVに出ていた○○ってイケメンですよねー。」

「そういえばお前の兄貴カッコよくね。イケメンだよなー」

「あの人(街中ですれ違ったカップルの彼氏)あの男かっこいいなー、彼女さん幸せやろうな」

そんな感じの僕はイケメンに関して男性の中では関心が強いが強くイケメン大好き男子なんです。

だからTVをみたり、街中では無意識にイケメンをチェックしています。映画やアニメの登場キャラクターもイケメンからチェックするし、活躍したスポーツ選手の中でも何より印象に残るのがイケメンだったりします。

下手したら女子よりイケメンに敏感かもしれません(笑)

でも、イケメンが好きな男ってどうしても、ちょっと偏見の目でみられてしまうんですよね。

男のクセにイケメンが好きなんて変だし、

あいつ女子に気に入られるためにわざと好きなふりしてるんじゃないかと、

なんか嫌だなーと思いませんか?

自分の純粋に好きな物なのにそんな風に思われるのはちょっと気分が悪いです。

そんなことを日常的に感じている僕が勝手にイケメン大好き男子代表として
胸を張って、

僕がイケメン大好きである理由をこれから3つ上げていきたいと思います。

理由1:イケメンは何をしても絵になる。

イケメンって何をやっても様になってしまうんですよね。サッカーやスポーツをやっていると普通の人よりも、凄く良く思ってしまうんですよね。

映画やドラマでもやっぱり目立つしアクションやコメディーまでどんなジャンルでも活躍できちゃいます。

コメディーで面白くて抜けてるやつを演じればすごいがギャップがでておもしろいし、同性から見ても魅力的でみんなから愛されるようなキャラになっていくし、
普通にかっこいい役を演じてしまえば、ストレートに女性人気を獲得していきますし、

スポーツ界や音楽界で活躍していると女性だけではなく男性のあこがれになっていきます。

僕が大好きなのはイケメン+α

僕は映画や音楽、スポーツなどありとあらゆる物が好きだし、興味があるので自然と尊敬できてしまいます。やはり何かに打ち込んでいる人ってとても魅力的なんですよね。

顔がいいだけではやはり人気は長く続かないし、

万人に愛されるにはそれなりの理由がある。

外見がいい+aを持っている様々な分野で活躍するイケメンは最強だと思います。

これは男女関係なくイケメンが大好きだと思う要素

昔とイケメンとする基準や価値観は現代とはちがうかもしれませんが、トレンディードラマの主人公から大作映画のわき役まで、男女共に人気が高いのはイケメンが非常に多いですよね。

スポーツ選手やミュージシャンなど未知の分野やマイナーな物を世間一般的なものにしていく

その分野を新しい層に切り開いて、
世の中に広めていく、そこにはイケメンの力が非常に大きい。

普通のなにげのない職業についていても、当人だけではなくその職業もカッコよく見えてしまいます。

普段注目されない職業がそこにカッコイイイケメンがいるだけで、

女性から注目を浴びて、まわりからの関心がどんどん集まっていく。

国民的なアイドルにはなれないかもしれませんが、身近な憧れとなり周りに影響を与えていくのです。

僕はイケメンは自分だけに華を持つのではなく、自分の取り巻く環境にいいパワーを与える。

そんな素晴らしい価値の在るものだと僕は考えていますし、心の底から大好きです。

理由2:本当のイケメンは自分持っているから大好きだし尊敬する

これは僕がイケメンを好きな理由の一つでもあり、またもっとも尊敬する部分でもあります。

僕もそうなのですが、自分に自信がない人や周りから認められたい人って常にトレンドを追いかけているんですよね。新しいブランドの服が流行れば、

その服を我先にと着始めるし、

流行りの髪型があればみんなその髪型を真似し始めるする
更に、一つのスポーツや音楽などのカルチャーが流行るとみんなで真似し始める。

とにかく周りから注目されたい、カッコよくなりたい。

そんな思いからひたすら流行りを追いかけ始め、結局自分にストレス溜まってしまい

内面が悪くなって友人たちが離れていってしまったりだとか、ただの痛いやつにになってしまう。

最後はイケメンにはならず真逆になってしまうのですよね。

そうやって世の負け組になっていく (´;ω;`)

イケメンは大好きなものにひたすら熱中する

逆にイケメンはどうでしょうか、

結構自分の好きな物を追いかけていますよね。サッカーが好きならひたすらボールを追いかけているし、

流行りはあまり気にせず自分の好きなことにひたすら打ち込んでいく。

それでいて他人の個性を否定することもなく

「なるほど、そういう考えやモノがあるんだ」

と理解を示すことが多いです。しかもその文化や考えを気に入れば、それらを取り入れて自分の魅力につなげることが得意です。

イケメンはナンバーワンでありオンリーワン

彼らの多くはナンバーワンよりもオンリーワンを求める。

イケメンは不思議と多種多様を認めていますし、それでかつ自分に自信を持っています。

これって頭ではわかっているんですけど、いざ実行するのがとても難しいことなんですよね。これができたらとても魅力的な人間になれるし、

メチャクチャにかっこいいですよね。

自分に自信のあるイケメンはそんなことを自然とできてしまいます。
だって顔が良い上にこんな内面だったらそりゃ惚れちゃうじゃないですか

これがイケメンと凡人の差なんだなを感じます。
ルックスがいい上にこれじゃ勝てません。

世の不細工がいくら外見を磨いて、ファッションを研究したり、流行り物を追いかけてみたりと努力をしたところでたかが知れてます。

そんなことをするんだったら最低限の清潔感をもって、服をむやみやたらに買いあさるのではなく

趣味を充実させたり、何かを極めた方がいいのかもしれません。

だからイケメンには人が集まり、世間で言われるリア充になっていく。

これが常に魅力的であるイケメンの最強の強みかもしれませんね。

理由3:イケメンは優しい!内面的にも大好きになってしまう

良く身近な友人たちと会話していると、

「心がイケメンだよな」

って言葉言ったり、聞いたりしませんか?

もちろん、これは外見に関係なく、よく心が奇麗な人や、寛大で気風のよい方によくイケメンは何もしていなくても周りから大切に扱ってもらえるので、自分に自信があり、心に余裕がある人が多いです。

よく使われますよね。内面的にかっこいい人のことを、イケメンという風潮も結構あると思います。

またイケメンは仲間の失敗を許したりだとか、何かと責任感が強い上に、周りも主張を受け入れてくれやすいので、自分に自信がついて、周りのことに寛容になっていきます。こんな感じでどんどん自分の評価をあげていくんですね。

イケメンは心がイケメン

イケメンであることは殆どの事がプラスに働いていくので、ポジティブ思考になり、他人を極端に非難したり、人の失敗をいつまでもグダグダ言うことはありません。

一方で勘違いナルシストやイケメンモドキは...

不細工や勘違いナルシストに限って、自分の理想と周りからの基準がズレていき

イケメンになるどころか、心が汚くなって、女性どころか同性からも相手にされなくなってしまいます。

イケメンは自分を客観的に見る能力も高いので、恋愛が非常にうまくいきやすかったり、気持ちを汲み取る事や人の良い面を引き出す能力にも長けているので、友達も多いし、男女とわず人気になっていきます。

イケメンでも悪口を言うこともある

かといってイケメンも聖人君子ではありません。もちろん人を非難したりだとか陰口を言うこともありますが、その多くはどうでしょう。

相手の性格だったりとか、本当にその当人が嫌のことをされた時ですよね。  あまり普段か関係ない人の悪口を言うのはあまりないと思います。

だから、僕はイケメンと遊びに行くのが大好きだし、
イケメンと仲良くなるととてもうれしいです。

なんかこっちまでイケメンパワーがもらえますよね。

男女問わず人が集まってくるからイケメンの周りにいるだけでいろんな人と交流できますし、
イケメンが親しい人にだけ話す自分のコンプレクックスや失敗談は非常に面白かったりします。

見てるだけで良し、交流したらもっと面白い。

やっぱイケメン最高ー!

やっぱ男だけど僕はイケメンが大好きだ―

いかがだったでしょうか。

イケメンは顔がいいからチャラそうとか妬みの対象になってしまうのですが、
こうしてちょっと分析してみると、

なぜ多くの人から好かれて人気者なのかがわかると思います。

これを機にイケメンが好きな助詞はなぜ自分がイケメンが好きなのか、
イケメンを目指す男性は、なぜイケメンになれるのか

みたいなことを外見以外のことも研究していくと面白いことがあるかもしれませんよ。

ではではー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする