隠れた頼もしい非常食?食べるラー油に注目してみる

こんにちは。OKAKIです。

ご飯を食べるときにちょっとしたお供があるとご飯がよく進むし、便利ですよね。ふりかけとかが主に代表だと思いますが、10年前ぐらいに大流行した食べるラー油について覚えていますでしょうか、

食べるラー油とは、辛さを抑えめにしたラー油にニンニクなどを混ぜたものです。

雑誌などTVでとりあげられ、大ブームになりました。

流行したときに買って食べた方もいるでしょうし、流行していたのは知っているけど食べたことないなーという方もいるでしょう。

今はあまり聞くことはなくなったし、今も好きで食べているよと公言している方はあまり見ないですよね。僕は白米をあまり食べなくなった今でも、
ラーメンや料理に入れて食べますし、小腹がすいたらそのまま摘まむなんてこともあります。

僕にとって食べるラー油はつらい時期を救ってくれた食べ物で
災害時の非常食として、大変役に立ちました。

そんなブームになった食べるラー油について、
再び皆さんに非常食や食卓のお供として再ブームになったらいいなと
思いまとめてみました。

一家に一個あると便利な物なので買って味わってみてください。

人生で初めて経験した大震災

僕が当時中学三年生でした。卒業式を終え、
その後親と共に家に帰ると真っ先に制服を脱ぎ捨てて、卒業証書をぶんなげて、当時流行っていたTVゲームを鬼のようにやり始めました。

当時は何よりもゲーム命だったんですよね...

帰ってきて親は美容室にいってしまっていたので、一人で家でゲームをやっていると、

突然大きな地響きがなり、最少はすぐおさまるだろうと油断してゲームを中断することなく続けていたのですが、揺れは強くなるばかりで、これはただ事じゃないとうちの外に急いで飛び出したのを覚えています。

その日は2011年の3月11日東日本大震災が起きたあの日でした。

ガスや電気が使えず、店に品物が並ばなくなった

庭に避難して、母親が帰ってくると、再び家が倒壊する危険はないだろうと判断して、再びうちの中に戻りました。電気やガスは止まってしまい、ゲーム処か、その日の夕食さえ準備ができない。

冷蔵庫の食材が調理ができない

冷蔵庫も止まってしまっているために、むやみに中の食材を取り出して使うこともできないのです。火の方はガスコンロがあったので困ることはなかったのです。

結局冷蔵庫の中の食品はダメになってしまいましたが...

しかし、そんな中でも幸い大地震の前兆で地震が多く、
もしもの時のためにカップ麺やインスタントのお米をある程度買っておいたし、給料日に買い物をしていたので、何日間は食べるものがないという事態は免れました。

日頃の備えってマジ大事です。

非常食てぶっちゃけ美味しくないし飽きる。

こんなことっていうと、なんて贅沢なんだとか、不謹慎だとか思われますが、まずいものはまずいです。特にパックのご飯とかおかゆって味よりも保存性を優先してるから、なんか薬臭いし、もちもちしてなくてまずい。

美味しいカップラーメンも三日あたりから飽きるし、すぐに食べ尽くしてしまいました。

ろくなおかずもないからご飯は不味いし、もちろんゲームはできない。

ロクな品物がならばないお店を車のガソリンを気にしながら母親と食べ物がないかと探し回る毎日、カップ麺とか保存性のある食品はもちろん店頭にほとんど残っていません。

当時食べ盛りの中学生の僕にとっては地獄でした。

そんな必死の食料確保の中、ついに食べるラー油と出会いました。

非常食として役に立った食べるラー油

話題なのは知っていたが今まで食べてこともないし、そんなもの買ってる場合ではないと親に猛反対されましたが、とにかく美味しいものに飢えていた僕は反対を押し切って買い物かごにいれてもらいました。

当時たくさん並んでいたのですよね。
みんなそんな物買っている余裕ないし

買うべきではないと自分でもうすうす感じていました。

とにかく何かレトルトや加工品以外の美味しい物を食べたい。
そんな思いで買った食べるラー油。

なんと我が家の救世主になりました。

主食との相性抜群

いざまずいパックのご飯に乗っけてみると、

うまい、メチャクチャうまい

これまたニンニクの風味が食欲を誘うし、細かく刻んであるニンニクの触感がいいアクセントになります。

非常食のご飯が美味しく感じられ、久々にご飯を
美味しく食べているんだという感覚になりました。食べ物って美味しい。

食事は楽しい物だと改めて感じることができました。

それまではまずい物を、生きるために嫌々と口に入れている感覚でしたから。

それからは、カップ麺やクラッカーに乗せて食べていました。

今思うとクラッカーは絶対合わないと思うけど…

何もないときに空腹の時にお腹を満たしてくれる

食料をむやみやたらに、お腹が空いたからと食べるわけにはいきませんから
小腹が空いたなーとか思ったら、ちょっと摘まむようにしていました。

お腹は満たされないだろうと思いがちですが、味もよくて、噛み応えもあるので、

割とお腹がみたされるし、ニンニクなのでスタミナをつけたり、ストレスを解消するのにとても良いです。

あれがなかったらたぶんイライラして、震災をのり切れなかったと思っています。

非常食としても役に立つ!

開封後の保存期間が結構長い

食べるラー油は一応要冷蔵ですが、極端に高温でない限りや、他の異物や唾液が瓶の中に入らないようにしたら、常温保存で開封後も一か月は大丈夫です。

開封しないで冷蔵保存しとくと一年は持ちます。

もし気になるようでしたら、災害が起きて冷蔵庫が使えない時は、
クーラーボックスに保冷剤と一緒に入れておくとかなり長持ちしますよ。

氷などは解けやすいので、早めにクーラーボックスなどに移すといいです。

カロリーも高い

以外にカロリーが高いので貴重なエネルギー源としても役に立ちます。
大さじ一杯で110カロリーはあるので、普段ご飯にかけて食べるのは
摂取カロリーが高めとなってしまいますが、

非常時には少ない量で十分なカロリーを補うことができます。

震災時に不足がちな栄養も

さらに含まれているカプサイシンは、

  • 新陳代謝の促進
  • 胃腸内の殺菌
  • 便秘の解消

などになるので、あまり栄養バランスを気にしていられない非常時にも、必用な栄養素を取ることができます。

食べるラー油はかなり便利

災害時でなくとも、料理につかったり、お手軽に食べたり

豆腐と組み合わせることでダイエットなどにもなるので
一家に一個あると食を豊かにしてくれます。

流行った当時に興味はあったけれど結局買わなかった
昔は買っていたが、最近は食べてない方も

あると色々便利なので、この際買ってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする