朝型にわからない!特別な夜型生活のメリット

こんばんは。OKAKIです。

僕は小さいころから夜型で学校に行くのがつらい方で
学校でもよく居眠りして先生から怒られていました。

大人達からは、

「病気になる」

「このままじゃロクな大人になれない」

なんて大人に言われて、

一時期は必死に努力しましたが、結局あまり改善されませんでした。

ちなみに朝型か夜型っていうのは遺伝子ㇾベルで決まっているらしくて
まだ、文明が発達してなくて、人間が狩りなど行っていた時代に
獣に襲われないように見張る役など必要だから、二つのタイプがあるらしいです。

たぶん僕の場合は夜型なんでしょうね。

いとこも夜型で夏休みによく、二人でおばあちゃんちにとまって朝までゲームをやったりとか、すこしエッチなTV番組を探したり、漫画をたくさん持ち寄って読んだり、

あるいは夏休みの自由研究ついでに星を観察したりだとか、

深夜に面白いアニメやドラマをみつけたり、ホラー映画みて滅茶苦茶怖くなって徹夜してしまったりなど

僕は深夜の思い出がたくさんあります。

子供の時は学校夜型の生活にメリットなんて、全くなくて親に怒れたり、自分にそんなことしかなかったけど、だんだん成長していくにつれて学校を卒業してから社会人になるにつれて、メリットも出てきて

夜型も悪くないなと思いました。

今回は僕が夜型で良かったなと思うことを挙げていきたいと思います。

夜勤が出来ること

僕は基本的に夜勤を多くやっています。

夜勤は基本的にお金もいいですし、
一緒に働く同僚、上司も基本的に人見知りとか静かな人が多いので
あまり人間関係に悩まず、気軽に働けています。

また、深夜はお客さんがあまり来ないので、僕は飲食店で働いていますが、

やることもなくとても楽です。

逆に暇すぎてつらいときもありますが

仕事にもよりますが、スキルや学歴がなくとも、高収入の仕事にありつけますよ。

誰もやりたがらない時間なのでかなり職には困りません。

夜のドライブや散歩は気持ちいい

僕はたまに夜ドライブに行くのですが、

とても良いです。

道路は朝や昼と違って空いていますし、にぎやかな街は静寂に包まれ、また昼間とは違う雰囲気が出ています。

自然の多い田舎なら窓をあけ、虫の声にBGMに、水田の水や稲の香りを楽しむのもよし

都心なら、オシャレなジャズなどを聞きながら、眠らないネオンの明りを楽しみながら、信号を待つ

それはまるで映画のワンシーンのようで、いつも見慣れたビル、建物や看板などが全く違う形で迎えてくれます。

夜中の散歩ドライブなんですが、個人的に注意してもらいたいことがありまして

  • 信号が多い場所で主要な国道などは避ける
  • 田舎で散歩するときはなるべく冬にする。

これには私が経験したうえでのことでして

深夜などは大型長距離トラックなどが国道で飛ばしていることが非常に多くて、

中に必要以上に幅寄せしてきたり、後ろから煽られたりします。

寝不足の方も非常に多いので...

夜中のトラックドライバーの皆さんが全員ではないのですが、
中にはマナーや交通ルールに乏しい方も少なからずいるので

安全に楽しくドライブするためにも街中や信号の多い場所を私はお勧めします。

田舎で散歩するのは冬がいい理由として、場所にもよりますが、夜行性のイノシシなどの出没があり、

突進すると軽トラなんか軽くひっくり返るケースもありますし

そこまではなくても人間にとって、彼らの力は脅威です。

また、どぶや用水路がふさがっていなくて、落ちる危険のある場所もありますので、

必ずライトなどを持参する様にしましょう。

これは都心でも同じことが言えるのですが

特に山奥では暖かい時期は散歩は控えた方がいいかもしれませんね。

デメリットはある?

やはりデメリットとしては

  1. 朝起きるのがつらい
  2. 気を抜くとすぐに太ってしまう

朝起きるのがつらくて結構お昼まで寝てしまいます。
休みの日とかちょっともったいないな、なんて感じるときは
ありますね。

外がせっかく晴れていたりすると、

「勿体無いことしたなー。出かければよかったー」

なんて後悔がありますね

それと夜中起きていると夜食を食べてしまうことが多くこの辺りを注意しないといけませんね

ちなみに僕は夜食を好きかって食べまくっていた時期は今より10キロ以上も太っていました。

夜中に食べるカップや油物って格別にうまいんですよね。

特にお酒を飲みながらや、飲んだ後なんかはもうやばいです。

しかもこれで昼間は寝ているんですから、太るのは当たり前ですよね

夜に起きていると色々なことがあります。

今まで思いつかなったことが思いついたり、

クリアできなかったゲームがクリアできたりとか、

別に深夜まで起きてなくとも、寝る時間を1~2時間遅くするだけで
今まで見えなかったこと、気付かなかったことがたくさん見つかりますよ。

以上、夜の住人OKAKIからの提案でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする