嫌なことから逃げることは悪くない。割とどうにでもなる

こんにちは。OKAKIです。

逃げることってとても大事なんです。
日本人てやけに逃げることはダメなこととか、情けないとか
変なプライドとか観念を持ちすぎなんですよね。

逃げてしまうというのは、自分にとって少なくとも一時的に不利になってしまいますが

長い人生で見ればほんのひと時のことにすぎません

少なくとも今の苦痛から逃れられますし、精神的にも身体的な負担を減らすことにもつながりますし

一つの物事に対して距離を置くことで、
視野が広がっていきますし、失ったエネルギーを蓄えることもできます。

世の中逃げてもどうにでもなることの方が多い

苦しいことや辛いからと言って逃げても、別に人生に影響するとか
は殆どありません。

ホントに誰にも相談したり、努力や工夫しても解決しないことって、実は大したことではないんです。

自分一人で勝手に考え込んでることだったりとか大したことのない問題

一時的な問題だったり、時間が解決することだったりとかだったり、
後々結構どうにかなったりします。

仕事だってどうしても体力的にも精神的にも無理ならやめたり、休職しても大丈夫です。

夢を追いかけて努力していてつらくなったら逃げてもいいんです。

僕はすぐに逃げた

僕は前の職場がブラック企業でした。

朝5時から夜10時まで働かされて、もらう給料は15万超えればいいところ、

しかも仕事が何時もあるわけではないし、時給制ではなく完全歩合制なので給料は待機時間は全く発生しません。

むしろ待機時間の方が多かったです。

しかも運送業なのにルートや地区も決まっておらず、様々なとこを生かされる割には
高速料金はなんと、自腹。

おまけに上司が仕事は盗んで覚えろとかマニュアルはないとか、
会社の話があるからと言って

早く帰れた所を無理やり引き留められて
わざわざ顔を合わせに行ったのに、内容が携帯電話をキャッチホンにすることともうちょっと愛想よくすることだけを伝えられ、他は意味不明な仕事論や精神論ばかり...

一か月でやめました。

自分の中では研修中にバックレてもよかたんじゃないかなと思っています。

その次に入った会社は正社員でわなく準社員ですが、大手でコンプライアンスもしっかりしており、上司も気さくで頭がよく合理的で、働きやすい職場に恵まれました。

週六日はキツイですが、わからないことはちゃんと聞けるし、要件や改善点は中身があり、なおかつ簡潔的に伝えてくれます。

休憩時間もあるし、お店もいつも忙しいわけではないので
一人で気楽にお掃除したりとか、同僚とゲームや趣味で盛り上がったりとか、
大変だけど楽しくやっています。

だから前の仕事から逃げ出して僕はホントに良かったと思いますし

前の上司からは

「今逃げると他で正社員になれなない」

「転職は経歴に傷がつく」

とか脅し半分に忠告を受けましたが、こんなの一つも当てにならないです。

前の会社と違いフルタイムなので社会保険手当てや交通費、賄などもあるので
むしろ前より待遇はかなりいいです。

しかも自分の好きな音楽に囲まれているのでむしろ楽しい転職だと思ってます。

こんな感じで人生は割とどうにでもなるんですよね。

逃げるは恥ではない。消耗したり自分を犠牲にする方が問題

逃げるってことは、世間的にも恥ずかしいことかもしれませんが、
それは本当に一時の恥です。

本当に大切なことって逃げた後のことだと思います。

ある程度、逃避できたら次はどうするかを考え、それに向けて努力したりし始める。

すぐに切り替えて、次に向かい歩き出す、これが一番大事なんですよね。

昔の三国志の張遼という武将の言葉にこんな言葉があります。

この張遼という武将は、八十万を超える敵軍に対して、わずか数千の兵を率いて、敵の本陣に入り込み、敵の総大将に迫った名将です。
なんか、映画やゲームの世界のキャラですよね。

中国では子供に対して

鬼ではなく

「ないていると張遼がくるぞ」

というらしいです。

そんな恐ろしく強い彼が残したされる言葉

「恥じて死すより、生きて汚名をそそがん」

意味は負けたり逃げたことに対して、
恥ずかしがって自害して、命を落としてしまうのではなく、

ならばそれでも生きて次は名誉を挽回してみせよう

という考え方ですね。

逃げることは駄目じゃない。むしろ逃げてからが本番

以上のように、必ずしも逃げることは悪いことではないのです。

もちろんすぐに逃げてはダメですが、自分の限界まで力を出し切って、どんなにもがいてもどうしようもないことがあるなら、

逃げた方が周りに迷惑も掛からないし、自分の為にもなるのです。

ただ逃げた後はネガティブにならず、次はどうやって体制を立て直すかとか、違う視点を探したり、新たな解決法などを見つける気持ちを高く持ってください。

コメント欄などでも相談は受け付けますよ

嫌なことにそんなこだわらず、
避けられるだけ、避けて次のことにどんどん挑戦していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする