かわいいクモ男!?トビーマグワイアの私生活や活動を詳しく特集

こんにちは。OKAKIです。

今回僕がピックアップするのはトビーマグワイアです。

引用:www.imdb.com

Tobey Maguire
(トビーマグワイア)

本名: Tobias Vincent Maguire
(トバイアス・ヴィンセント・マグワイア )

1975年6月27日生まれ

2002年に公開されたスパイダーマンの主人公ピータパーカーを演じたので
トビーマグワイア=ピータパーカーのイメ―ジする人も多いのではないのでしょうか

今回はトビーマクガイアについて特集します。

生い立ち

1975年にカルフォルニア州サンタモニカで誕生しました。

サンタモニカはロサンゼルスのダウンタウンの西側の海沿いにある都市ででサンタモニカピアなどが有名でその中にはパシフィックパーク遊園地など娯楽施設がたくさんあり、

映画でも頻繁にロケ地として選ばれるので見たことある人も多いです。

まさにアメリカって感じのところです。

ロサンゼルスといえばハリウッドがあるので映画との結びつきが強いので
少なからず本人にも影響はあったのでしょうね。

余り幸せではなかった子供時代

彼の父親はヴィンセントマグワイアはコックとして、母親はウェンディは秘書兼シナリオ作家でした。

ちなみにトビーが誕生した時はなんと両親の年齢は20歳と18歳。

とても若いですよね

しかし、やはりお互いちょっと若すぎて色々あったのか、トビーが二歳の時に両親が離婚してしまい、トビーは各地を転々とすることになります。

更にこれだけでは収まらずに父親が経済的に苦しさから銀行強盗で逮捕されてしまいます。

元々貧しかったがこの件で父親は養育費を出すのが困難となってしまいます

これを機に俳優業へ進む

父親が逮捕されたことで家計が苦しくなってしまいます。

トビーだけではなく幼い弟達もいるので

家族を養うために学校を中退して自分の才能であった演技力を生かせるハリウッドの世界に入ったの彼のきっかけでした。

子役としてTVのCMなどに出演するようになり、映画もわき役ながら出演していき順調にキャリアを積み重ねていきます。

スパイダーマンに抜擢!ハリウッドセレブへ

1998年に公開されたカラーオブハートや翌年公開されたサイダーハウスので注目を集め始めます。

やはり何と言っても2002年公開のスパイダーマンで主人公ピーターパーカーを演じ、
人気絶頂で売れっ子俳優の仲間入りを果たします。

日本でもこのころ注目され始めて人気が出たのはやはりスパイダーマンからですよね。

トビーマクガイアの演技は感情豊か

僕はトビーマクガイアはここまで見る人を人を引き付け有名になった理由として個人的に感じさせらるのは、感情豊かな演技です。

スパイダーマンシリーズでは特に様々な感情表現が見られますよね。

ガールフレンドに告白するんだと照れ臭そうにしていたりだとか、

褒められたり距離が縮まると思わずにやけ顔になってしまい、

口元が緩んていて本当にピーターはヒロインのことが大好きなんだというのはこちらにも伝わってきます。

他にも自分の大切な人を失った時の悲しむ表情とかその命を奪った相手に対して怒りをあらわにして感情むき出しで力任せに報復したりだとか、

悪に落ちていく自分と葛藤したりとか

涙を流したり、

笑ったりとか時には怒りや憎しみに満ちた表情をみせたりだとか、

とにかくトビーマクガイアは表現がうまいです。

だから主人公の感情とかが見ている側に非常に伝わり易くて笑いや涙を生んでしまうんですよね。

僕も公開時に劇場でみたのですが、周りのお客さんと共に笑ったりとか泣いたりとかしてしまいました。

とにかく彼の演技は分かり易くて共感してしまいます。

だからスパイダーマンって面白いと思ったし、人間のピーターパーカーとしてもとても魅力的でしたよね。

結構トビーマグワイア版のスパイダーマンが一番好きだって方多いのではないでしょうか

ヒーローで強い力をもっているんだけど、それでも心は普通の人間で、私生活で悩んだり

自分の生き方に迷いをもってしまう。それでも成長していく。

そんなヒーロー像を演じるのに彼がぴったりだったかもしれません。

神経質で複雑な感情を表現するのも長けている

他にもトビーは単純に感情を表すのだけではなく、複雑な感情や神経質で難しいキャラクターを演じるのにも長けています。

その代表作が「完全なるチェックメイト」と呼ばれる実際の出来事を再現した映画で米ソ冷戦時代に二つの国が威信をかけてチェス対決するのですが、

トビーは米代表のボビーフィッシャーを演じます。

彼はIQ187といわれており、

14歳で全米チェス大会で優勝するほどチェスの天才なのですが、

シングルマザーの母親に十分に愛情を受けたとは言い難く、

落ち着きが全くなく精神的にとても不安定で、

誰かに盗聴されているだとかつけられていると極端に被害妄想があり、

マスコミを屈辱したり、賞金や報酬額に拘り法外に値上げを要求したりします。

晩年には反米主義にそまり、911テロを喜んだり、自身がユダヤの家系なのに
反ユダヤ主義に染まったりなどします。

そんな狂気の天才であるボビー・フィッシャーをトビーは演じています。

ボビーはチェスで名声を得たい、自分のチェスの強さを示したい

という感情と共に

人や社会とは関わりたくないという複雑な矛盾を持ちあせた人物でもあり

それを見事にトビーは演じます

まさに演技力と感情表現に長けたトビーだからできることですね

監督業やプロデューサー業としての顔も

彼は俳優業だけではなく映画製作者としても活躍しています。

2002年に公開された25時というサスペンス映画をマルコムxなどが代表作で知られるスタンリー監督共に製作に携わり、

その翌年にはシービスケットという映画の製作総指揮と主演を務めました。

他にもタイタニックで有名なディカプリオ、

マッドマックス怒りのデスロードで主演を務めたトムハーディと三人で新作映画をプロデュースしたり

トムクルーズがロックスター役で出演したミュージカル映画のロックオブエイジズなどジャンルに問わず色々な映画に携わっています。

他にも近年では映画監督デビューも決定しており

今後ますます裏方としての活躍も期待できそうですね。

作風としては実話を基にした話や社会風刺などが多いです

小柄で童顔でとてもかわいい

トビーマクガイアは身長は173cmしかなく

アメリカ人にしてはかなり小さい方です

さらにこの小柄な体に加えてブルーのぱっちりした二重、さらに肌も色白く美しいので

結構かわいい印象を持ちます。

スパイダーマンの劇中でも

クモに噛まれて超人になり、眼鏡が要らなくなり

外して学校に登校するようになると、ヒロインから
「眼鏡の時は気づかったけれど、あなたってきれいな目をしてるのね」と

褒められています。

普段は全くさえなくて、

地味なのに眼鏡をはずしたら、イケメンなんてとてもベタです

特にスパイダーマンのピーターのイメージもあってかわいくて母性本能をくすぐるようなタイプです。

ちなみに肌綺麗で色白なのは彼が元々ベジタリアンであり、アルコール依存症を患った後に食生活などに気を付けるようになったからかもしれませんね。

私生活

性格は内向的であまり活動的な方ではなく

ベジタリアンであり、ヨガなどが趣味の健康オタクです。

特に10代後半はアルコール依存症だったこともあり、その経験が意識を高めるようになったのかもしれません。

特にスパイダーマンに出演するに当たり、肉体改造をしたので173cmと小柄な割には筋肉質で体も引き締まっています

顔のわりにはなかなかマッチョじゃないかと、スクリーンを見ながら僕も感じました。

マスクを取ったらお腹がポッコリ...

なんていうのは説得力ないですもんね。

このギャップも彼の魅力の一つでもあります。

元妻は社長令嬢

結婚は過去に一度しており

ジェニファーメイヤーという宝石デザイナーをやられている方で

なんと大手映画会社のユニバーサルの社長であるロナルドメイヤーのご令嬢なんです。

引用:www.gettyimages.co.jp

(結婚したのは父親の後押し?)

映画シービスケットの撮影現場で紹介されて、そのまま4年の交際期間をえてゴールイン

ハワイで式をあげて、2007年の9月3日に長女のルビースゥイートハートちゃん、

その2年後の5月8日に長男のオーティストバイアス君が生まれました。

二児のパパさんなんですね。

(ルビースゥイートハート…ってものすごいキラキラネームです。お母さんの趣味かな?)

しかし2016年に9年間の結婚生活で離婚

離婚の原因は公表されていませんが、トビーが別の女性とクラブで親しくしていたのが離婚発表前に写真に収められていて、これが原因ではないかと噂されています。

現在は独り身として同じく独身貴族であるディカプリオと共に夜のクラブにいったり、

ヨットで美女とパーティーを開いたりなど、エンジョイしてるみたいです。

あのディカプリオが友達なら女性の出会いに困ることはなさそうですね。

独り身男性の僕としてはうらやましいです。

むしろ離婚の要因の一つだったりしてw

結婚前にも数々の交際のうわさがあり、プレイボーイとして有名でした。

ピータパーカーのイメージからするとなんか真逆ですよね。

ちなみに今のところ交際してる噂はないみたいです。

今後は俳優活動より製作者として期待できますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする