【ボヘミアンラプソディ】ジョン役ジョセフ・マゼロの意外な出演作と嫉妬とは?




こんにちは、OKAKIです。


大ヒット映画、ボヘミアンラプソディと言ったらQueenの活躍を描いており、その中でも注目されるのがフレディ・マーキュリーなどバンドメンバーなのですが、



今回スポットを当てるのははあまり注目を浴びることのないベースのジョンディーコン


バンドの中でベースというとギターやボーカルに比べるとあまり目立たないかもしれませんが、Queenサウンドはもちろん、



ロックだけではなく、すべての音楽に必ず必要な縁の下の力持ち的な存在であります。



そんなジョンを演じたジョセフ・マゼロのこれまで代表出演作とボヘミアンラプソディ本編の撮影中に抱いた嫉妬の理由についてどこよりも深く、詳しく特集しちゃいます。



ジョセフ・マゼロの意外すぎる有名な出演作


ボヘミアンラプソディでジョンディーコンを演じたジョセフ・マゼロってどんな人?


気になりますよね


そこで簡単なジョセフ・マゼロをプロフを用意しました↓




引用:www.imdb.com
ジョセフ・マゼロ
1983年9月21日
身長175cm
出身地アメリカ、ニューヨーク州ラインベック出身



父親はユダヤの血が入っており、母親はイギリスの血が入っておりよくみると、ヨーロッパ系の顔立ちをしています。


兄弟には弟と姉がおり、弟のジョンは兄と同じ俳優をしています。兄弟そろって俳優というこですね。


年齢は2018年現在は35歳ということですが、役者のキャリアはかなり長く、初主演の映画は1991年公開のハリソン・フォード主演「推定無罪」でした。


ジョセフ・マゼロは子供時代にジュラッシクパークに出演した。


特にジョセフ・マゼロの知名度アップのきっかけがスティーブンスピルバーグ監督の代表作の1つともいえる1993年公開の「ジュラシックパーク」です。


あのかわいい男の子がジョセフ!!
物語の重要なカギを握る少女、レックスの弟であるティムです。


ちなみに原作は姉弟ではなく、兄妹となっており立場が逆転しています。しかしスピルバーグはジョセフを気に入ってるらしくどうしても出演させたいということで変更したと逸話がのこっております。


その後もスピルバーグと縁があり、有名な俳優の専門学校に推薦で入れてくれたりなど非常に高い評価を得たです。


ジュラシックパーク以外にも1995年に公開された映画「マイフレンドフォーエバー」では幼きながらも当時差別が多かったHIV患者である少年デクスターとして、


健康でありながらも母親の愛情を受けられなかったエリックとの友情を描いた感動的な作品です。


HIVといえばボヘミアンラプソディでも物語に深くかかわるものでした。ジョセフ・マゼロは何かしらの縁があったというのは僕の考えすぎでしょうか。


その後もヒューマンドラマを中心にたくさんの映画に出演することになります。


若き天才マーク・ザッカーバーグのFacebook創成を描いた2010年「ソーシャルネットワーク」ではマークの友人の1人であり立ち上げに携わていたダスティンモスコビッツを演じました。


ボヘミアンラプソディ撮影時に他の共演者に嫉妬を感じたジョセフ


実はボヘミアンラプソディ撮影時にジョセフ・マゼロは他の共演者に嫉妬したことを公開前ニューヨークで開催されたイベントで語ってくれました。


ジョセフ・マゼロいわく


「自分が演じるジョンコ―ディンは今回の映画製作に関わっておらず、他のメンバーを演じたベン・ハーディやグウィリムはメンバー本人達から見解を共有できたから羨ましかった。」


と発言を残しております。


ジョンディーコンの不在の理由



ジョンディーコンはフレディ・マーキュリーの死後、「フレディーの声以外にQueenの音楽を演奏するのは考えられない」と語っていてフレディーの死後は音楽活動に消極的であり、


性格的にも表舞台に出ることがあまり好きではなく、追悼コンサートなどにメンバーからの強い説得をうけ参加した後、現在は事実上の引退をという形で世間からは認知されています。


ロジャーやブライアンもそれでもジョンはQueenのメンバーであることは変わりないという証言を残しており、ジョンの行動も絆の強さゆえなのかもしれません。


ブライアンやロジャーの力を協力をえてボヘミアンラプソディは完成した


しかしブライアンメイやがその他のメンバーについても詳しく教えてくれたため非常に感謝しているとジョセフは語っています。


   

フレディーマーキュリーなどは文献や映像媒体も膨大な数残っており、他のメンバーも映画に携わっているので、他の演者に比べるとジョセフ・マゼロはかなり不利な条件で演じることになったと思います。

しかし、それでも達成できたのはQueenオリジナルメンバーの映画にかける情熱とジョセフ・マゼロの長年の経験と幼少期から高く評価された演技力によるものなのでしょう。

       

劇場で公開終了したばかりの新作映画や話題作をいち早くお家で楽しめる、
映画館での割引にも利用できるUNEXTに詳しく解説中!

最新作だけではなく幅広い年代とジャンルの作品が視聴可能!!

うちも利用していますが、コスパがメチャクチャいいんです!!

気になる方はぜひ読んでみてください。

映画が好きなら知って損はないUNEXTについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Kaoline より:

    写真はブライアン役のグウィリム・リーです。ジョゼフ・マッゼロではありませんよ。参考のほど、訂正をお願いします。

    • okaki より:

      ご指摘ありがとうございます

      これは大変失礼致しました。
      修正させていただきました。